救援のために水を運ぶ婦人の像建立プロジェクト

日本赤十字看護大学広尾キャンパスへの「救援のために水を運ぶ婦人の像」の建立プロジェクトの進捗状況を適宜お伝えしています。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 除幕式(寄贈式)のご案内 | main | さらにお二人! >>

続々とご参加者あり

 

募金趣意書をリンクしています⇒ http://www1.kamakuranet.ne.jp/iwata/


ご関係の皆様へ

立春の後、しばらく春めいていましたが、今日は少し寒いですね。
こういう時は風邪を引きやすいので、どうかお気をつけください。

先週は、外出が多くて少し疲れましたが、気が張っているせいか、街角で久しぶりに出会った人からは「相変わらず、はつらつとしていらっしゃるわね。」と声をかけられました。
除幕式までに、あと少ししかないと思えば、もう一日一日精一杯がんばるしかありません。

2月に入って、まず、知人の母上でいらっしゃるN.Hさまからご寄付がありました。まことに有難うございます。185番目になります。

また、3日、日本赤十字社に打ち合わせに参ったのですが、そのとき、G新聞の記者のK.Kさまから個人的にご寄付いただいたと、M.Y委員長から封筒を手渡されました。なんと有り難いことでしょうか。186番目になります。

さらに、先日、記念誌(除幕式の折、配布予定)の印刷をお頼みする東京のH社へ、委員長と彫刻家と事務局とでご挨拶に行ったのですが、そこの社長(岐阜県人会関係)からも、ご寄付をいただきました。187番目になります。記念誌の印刷費等に関しましても、十分ご配慮いただいています上にご寄付もいただき、感謝、感謝です。

そして、もう一人、この方は高校の同級生のT.Mさまですが、「遅くなりました」の一行とともにご寄付いただきました。まことに有難うございます。その一行に、深く感じ入りました。188番目になります。
(188番目というのは、第一次募集からの累計番号になります。)

3月20日の締め切りまで、できるだけ多くの方に呼びかけてまいります。
ブログをご覧になられている方のところにも郵便物が届くかもしれませんが、その節は、どうぞよろしくお願いします。

                     2月8日

赤十字プロジェクト | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://redcross.jugem.jp/trackback/71
この記事に対するトラックバック