救援のために水を運ぶ婦人の像建立プロジェクト

日本赤十字看護大学広尾キャンパスへの「救援のために水を運ぶ婦人の像」の建立プロジェクトの進捗状況を適宜お伝えしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< あと2ヶ月です! | main | 続々とご参加者あり >>

除幕式(寄贈式)のご案内



 募金趣意書をリンクしています⇒ http://www1.kamakuranet.ne.jp/iwata/


ご関係の皆様へ

報告が前後してしまいますが、昨日、2月5日は、東京ドームホテル42階で開催された多治見市アドバイザー会議に、彫刻家と事務局とともに参加し、ご挨拶してまいりました。

参加されたのは、多治見市長をはじめ、関東地区在住の多治見市関係者で、各分野でご活躍中の方々30名あまり。 発起人のほか、このプロジェクトにかなり前から参加されている方もいらっしゃいました。その方にも実際にお目にかかり、ご挨拶できて、よかったと思っています。

1時間あまりの会議の後、懇親会におけるアピールは、個別のレベルだけでなく、全体に対しても、そのお時間をいただけましたので、宴たけなわの中、マイクの前で最後のアピールをさせていただきました。事務局が話し出しますと、今までにぎやかだった会場がしんと静まり返り、そこにいらっしゃった皆様全員に注目される中、すでに配布してあった趣意書(HP版)と除幕式のご案内資料に基づいて、お話させていただきました。短いスピーチだったと思いますが、話し終えますと、大きな拍手が起こり、「ご協力しますよ!」というお声も聞こえました。
有意義な会議に参加できて幸いでした。

その会議でお配りした「除幕式のご案内」の文書(地図などは省略します)を下にコピーしておきます。

                       2月6日
   

              除幕式(寄贈式)のご案内

   

 「救援のために水を運ぶ婦人の像」建立プロジェクト実行委員会の活動も4年目に入り、多くの方々のご協力を得て、いよいよ日本赤十字看護大学広尾キャンバスに、等身大のモニュメントを3月末に建立、4月11日(月)には、除幕式(寄贈式)を執り行うことになりました。

 彫刻家岩田実氏が、鎌倉の十二所のアトリエで、静寂を友として、崇高な精神のもとに創作された像が、有限な肉体を持つ人間の生命を大切にする赤十字の、日本におけるシンボルマークとして、時代を越えて看護大学のキャンバスに輝き続けることを願い、わたしたちは活動しております。

  更に多くの方々のご寄附を、3月20日まで受け付けております。

最新の趣意書をご覧くださり、ご賛同いただけましたら、どうぞ宜しくお願いします。そして、皆様お誘い合わせの上、式典にご参列いただければ、幸いに存じます。

 

 

                記

 

日程:4月11日(月)
   午後2
時半〜3時半 除幕式と記念撮影

   午後3時半〜    記念パーティー(大学の食堂:会費制)


 

場所:東京都渋谷区広尾4丁目1番3号  
   日本赤十字看護大学広尾キャンパス

   TEL:03−3409−0875(代)

  



 

                                                                                 
以下省略


赤十字プロジェクト | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://redcross.jugem.jp/trackback/70
この記事に対するトラックバック