救援のために水を運ぶ婦人の像建立プロジェクト

日本赤十字看護大学広尾キャンパスへの「救援のために水を運ぶ婦人の像」の建立プロジェクトの進捗状況を適宜お伝えしています。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 婦人の像建立プロジェクト | main | HPを見てご寄付下さった人のことなど >>

新たなるご協力者二人!

 昨日は、友人で実行委員会メンバーのA.Hさんとご一緒に、10月2日〜8日の岩田実彫刻展の会場である日本橋・丸善のギャラリーの下見と、同じく実行委員のM.Yさんからご案内いただいたクラシックギターの荘村清志還暦コンサート(紀尾井ホール)に行ってきました。荘村さんもプロジェクトの賛同者のお一人なのです。
〜華麗なる美女たち、そしてギター仲間との響演〜と副題があるように、ソプラノの唐澤まゆ子、ピアンの熊本マリ、バイオリンの小林美恵、フルートの山形由美、ほかにベテランから若手まで3人の男性のギターリストとの共演は、華麗で、重厚で、それでいて繊細で、荘村さんの還暦コンサートにふさわしい内容でした。アンコールにこたえて、ソロで弾かれた最後の曲は名曲「アルハンブラの想い出」。この一曲だけでも聴きにきた甲斐があったとは、A.Hさんの言葉ですが、わたしも痛く同感しました。
 久しぶりにお会いしたM.Yさんは、相変わらず若々しく、Mさん流のファッションセンスで決めていらっしゃいましたし、A.Hさんからは、嬉しいことに、お友達お二人からの寄付金のご報告がありました。これで、プロジェクトへのご協力者(第一次、第二次を通して)は、発起人・賛同人を除いて126人になりました。有難うございます!

岩田実彫刻の世界⇒ http://www1.kamakuranet.ne.jp/iwata/
- | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

これまで、プロジェクト実行委員会からの新しい記事を、最初の記事のコメントという形で掲載してきましたが、今後は管理者ページから発信していきますので、どう宜しくお願いします。

皆さんも積極的にコメント書き込んで下さいね!
プロジェクト実行委員会事務局 | 2008/09/06 3:10 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://redcross.jugem.jp/trackback/5
この記事に対するトラックバック